クラウドワークスの「コンシェルジュ」に申し込みしてみた

作成中のツールのデザインをどうするか、いろいろ方法はあるんだけど、
「たくさんのデザイナーに関わってもらったほうが、たくさんのデザインが期待できる」
ということになって、クラウドワークスに依頼してみようと検討中。

クラウドワークスはクラウドワーカーと呼ばれる仕事をしてくれる人がたくさん登録されている。ここに「こういう仕事あります」ということを提示して、双方に納得すれば契約されるという仕組みだ。

ただ、こちらが正しく案件を伝えないといけないし、安すぎる提示だとクオリティの高い人はキてくれないし、高すぎる提示だと玉石混交で選びにくくなる(Andコストが高くなる)。
ということで「ある程度の相場観」というのが大切になってくると思うのだ。

実際に募集されている内容を見れば、だいたいのことはわかると思うんだけど、今回の場合はWordpressのようなテンプレートを作るようでいて、少し状況が違う。
HTMLが大体のところで固定になっているので、その部分を考慮したデザインが必要になる。

なので、いろいろと相談しようということで調べていたら「コンシェルジュ」というサービスを発見した。依頼まで対応してくれる、しかも無料というナイスなサービスだ。
(依頼増えたらクラウドワークス儲かるからね)

申込をすると指定された時間に電話をかけてくれる。30分ほど予定より遅れて着信があった。
そこで「これこれ、こういう案件で募集をしたいと思っています。相場観などを教えて下さい」

すると、期待したのとは違う返事が返ってきた。
「ご予算はおいくらでしょうか?まずは募集を出してみて反応を見ていただくと良いかと」

この後、いくつか質問してみたんだけど、結局すべて「募集を出してみて」に終止してしまう。
おいおい、それじゃ~相談の意味が無いじゃん。それだったら、自分でできるよ。

「依頼まで対応させていただきます」と言われても、なんかそれほど必要性感じないなー。
ということで、電話が終わった後に改めて「コンシェルジュ」のページを見てみたら、
どうやら対象は「クラウドワークスで依頼の仕方がわからない人向け」のようだった。
ようするにはじめて利用する人向けのサービスということですね。

私は何度か利用したことがあるので、そういう点は大丈夫。
もっと外部では知り得ない「このぐらいの金額から一気に募集が増えます」あたりを期待していたんだけど、ダメでした。
そういうサービスではありません。

コンシェルジュという名前が誤解を生むんじゃないないのかなー。「電話サポート」でいいんじゃない?
一応、依頼の雛形を作ってくれるというので3%ぐらい期待して待ってみる。

開発進捗開発

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP