徹底的にライバルチェック

現在作成中のランディングページ作成ウェブサービス。このライバルと言えるサイトを探してみました。するとざっと80ものサービスが見つかりました。80!なんという数でしょう。これでもまだ見つかっていないサイトが山のようにあると思います。

なかには「テンプレート販売」だけのサイトがありましたが、それらを除いて「マウス操作でページづくり」に限定したとしても70サービスはあります。

正直なところ、多いとは予測していたけど、こんなにあるとは思わなかったな。中にはサービスを終了しているところもあるし、トップページに配置されている説明動画の再生回数をチェックしてみると100回とか、10回とか、本当に有料サービスとして成り立っているのか?というところもあります。

年代的にざっくりな感覚では2010年〜2013年ごろに立ち上がったものが多いみたい。結構前からあるサービスなんだね。Strikingly、Instapageもこのころに登場している。Wixはもっと古くて2006年。もう老舗の域だね。

instapage
Instapage初期の画面(web.archive.org)

ライバルツールの良いところを吸収して、悪いところを真似ないように気をつけるために片っ端からチェックを初めているところです。実際に登録するのは大変(手順が多すぎたり、クレジットカード登録が必要だったり)なので、紹介ビデオや動画マニュアルを参考にしています。

同じ目的のWebサービスは同じような操作感になってしまうものですね。マウスでドラッグ・アンド・ドロップはもう定番。違いがあるのは段組みをするときの操作。数字を入れたり、「+」をクリックしたり、マウス操作で幅を移動させたり。この部分、私も悩んだところで、まだベストな方法を見つけだせていないんだよね。

現在作成中のアプリは、これらのアプリの中で最も後発となるのだから、最も優れたアプリにしたいと思う。ということでイイトコドリを意識しながらライバルチェック中です。


PAGE TOP