既存ランディングページを模倣してみたら…

今日も定例の打ち合わせ、毎週金曜日に行っています。今回はデザイナーさんと私とそれぞれに「とあるランディングページの模倣」と言うかたちで作成中のウェブサービスでどこまで再現できるかをテストしました。

まずは「こんなLPが作れたらな~」というものを選びます。で、ウェブサービスで対応できるようにまずはデザインパターンを分解。それをサービスのデザインに置き換えていきます。まったく同じにすることは難しいですが、似たものを作ることは結構できます。その似たパーツ部分を組み合わせて、可能な限り似たものにしていくわけです。

プログラム的な動作はまだ先なので、手作業で作っていきます。手作業だけど、最終的には利用者がマウス操作と文字入力だけで完済させることができることを想定しています。一部がそうはありますが、大部分は「テンプレート」側でデザインされているのです。

で、2つのサンプルサイトを見てみると…。

「これはすごい」という一言でした。いやー、これは本当に良いシステムだな。シンプルな構成になっているのに、表現力が高く、いろんなことができる。これまでになかった「シンプルだけど奥が深い」というものになりそう。いや、なるね。間違いなく。

まだまだ細かな点はツメていく必要があるけど「イケる」という確信を持てるものとなったな。テストすることって大切だよね。ということで今後も打ち合わせは続きます。

JuralMin / Pixabay


PAGE TOP