クラウドワークスで会社のアイコンを作ろう

チームでクラウドワークスを使うつもりで、実験として「アイコン」を作ることにしました。会社のアイコンって別にいらないと言えばいらないんだけど、あるとあったでいいよね。

実験とは現在の開発メンバーが投稿をチェックしたり、返事をしたりできるように。

クラウドワークスのアカウントを作ると「個人アカウント」として登録されます。これを「法人アカウント」に変更することが可能です。アカウントの変更はとっても簡単で「法人アカウントにアップグレード」を選ぶだけ。一応、審査はあるみたいですが、半日もすれば特に書類も必要なく承認されます。もっとも「身元確認」で登記簿謄本を登録したほうがワーカーには信頼度が上がります。

法人アカウントでは、個人アカウントを複数登録して管理することができます。こうすることで個々のメンバーが作成した仕事に対して「支払」を管理者である法人アカウントが一括で行うことができるようになるのです。

逆な言い方をすると「支払を一括にする」以外にはあまり法人アカウントに他の個人アカウントを登録することはメリットはなさそうです。個人のAアカウントで作られた仕事は個人のBアカウントの人は見ることができません。存在すらわかりません。まさに「支払のみ」という割り切り。ふーむ。片手落ちって感じですね。

それと、ちょっと罠があって「同じドメインじゃないと登録できない」という制限があります。つまりは外部メンバーで一緒に管理しょうとしてもできないということです。まー、これはわからないでもない。

でも、それじゃ~困る。そこで、会社のメールを内部的にはG Suiteを使っているので、このグループ機能を使うことで簡易的に転送することにしました。メーリングリストのように投稿されたら転送されるので、どんなメールアドレスだろうとOKというわけです。

ということで、メインで使っている法人アカウントに、別途に作った個人アカウントを接続しました。この個人アカウントをみんなで共有します。クラウドワークスへのログインには「メールアドレス」「パスワード」を使いまわししなければならないということです。パスワード使い回し!!!これって駄目でしょ。こういう複数メンバーで動くことが前提のサービスなのに、それが考慮されていないのは困るね。

ま、しゃーない。

ちょっと余談だけど、ヘルプを見ると「.co.jp」じゃないとできないとか書いてあるんだよね。コレ直してないんじゃないのか?

ということで外部メンバーとチーム利用できることをテストするために「アイコン」を作ることにしたのでした。どんなのが来るのか楽しみ。


PAGE TOP