開発中のアプリがβ版完成に近づいた

α版から3ヶ月。だいぶ良い感じに出来てきた。
主に「操作性」を改善した感じ。

機能が多いので、それを無理なく理解させて、余計な操作はさせないようにしないといけない。

例えば、「Aという機能が開いている時、Bという機能は使えない」という場合がある。このようなば場合は「Bという機能」にアクセスできないようにする。クリックできないとか、表示されないとか。
そういうちょっとした工夫が操作性にとても影響してくる。

「なんかよくわからない」という感想をもらってしまうアプリは、こういう「ある条件下で使えない」という機能なのに、いつでも表示、いつでもクリック出来てしまう場合が多い。
そのために混乱してしまい使いにくいと感じてしまうのだ。ところが実際に使った人は「混乱している」という感想を持たない「なんかよくわからない」という、まるで玄関先でノックすれば良いのか、ピンポン押せば良いのか、黙って入って良いのか、迷ってうろついている状態になっているのだ。

操作性という点ではiPhoneなどはとてもわかり易い。(最近はそうとも言えないけど)
必要な機能に限定していて、決して「あると便利かも?」という中途半端な機能は搭載しない。(最近はそうとも言えないけど)
大きな項目から小さな項目へと流れるように進み、脇道(他の機能)に間違って移動することはない。

こういう風に作成中のアプリも作り込んでいきたいと思っている。
利用者に苦労させないように、作り手が苦労しておくという感じを持っている。見えない苦労をいっぱいしておく。些細なことにも「どうやったら解決できるか」を徹底的に検討して取り込んでいく。

時間を掛けて検討して、実装したにも関わらず、なんだか使いにくいとテストで使った瞬間にボツになってしまう機能もある。事前にモックでテストしていて気がつかない複雑性が潜んでいたりする。「せっかく作ったから」とそのまま実装することはない。ボツなものはボツ。

そんなことを繰り返しながらようやくβ版に近づいてきた。
ただ正直なところ「一般公開できるレベル」と言われると、まだまだ完成には程遠い。
身内に公開できるレベルというのが今回のβ版だと思っている。まだテンプレートなども足りないし、機能もで足りない部分もたくさんあるからだ。

今回はクローズドβ版、それ以降はパブクリックβ版に向けて全力で作っていく。
しかし、メインプログラマーの3ヶ月の育児休暇に入る(第2子が誕生するのだ。おめでとう!)。この期間を「ヒアリング期間」として、使い勝手などを中心にたくさんの意見を集めることにしている。

今のところの予定としては、1月にパブクリックβ公開、4月に正式公開(機能限定版)したいと思っている。できるだけ早く、稼働させることが目標。

そうえいば、Facebookのザッカーバーグが言っていたよね。

「完璧を目指すよりまず終わらせろ」

終わらせなきゃ!


PAGE TOP