ビデオで広告をする時代

メッセージを伝える手段として絶対に欠かせないのが「文章」
これはどんなに時代が進んだとしても変わらないと思う。

ただ、時代ともに判断スピードがドンドンと短くなっている
現実がある。

今でもそうだけど、今後はより一瞬で判断される時代に
なってくるんだろうなー。

ヘッダー部分のキャッチーな言葉がより重要になってくる。
それだけじゃなくて画像に「直感」でわかるようなことが
より重要になってくると思う。
つまりは、読まなくなってきているし、考えなくなってきている。

それって本当は日本の行く末が心配になってくるような現象だけど、
現実的にターゲットなる人がそうなのだからしょうがない。
入口部分では僕らは売り手はターゲットに合わせなければならない。

ヘッダー部分で引き込んだとしても、文字を読んでくれない。
ということを考えると、今後は動画が重要になってくると思う。

動画によって興味を引いて、決心してもらうという時代。
まだまだ動画は新しいノウハウ的な位置づけだけど、
今後はドンドンと普通になってくるだろうな。

海外では販売者がテレビタレント並に独自に動画を作って
アプローチをしているし。
日本もタイムラグはあっても同じ流れを組んでいくと思う。

実は昨日今日と「動画による広告」をずーっと考えていた。
ちょっとしたアニメーション的な感じで、
面白おかしく作って、思わず口コミしてしまいたくなるような広告。

今度の銀河鉄道プロジェクトの再募集のときに実現したいと思っている。
なんとか…時間を捻出せねば。^^;

なんだかんだと忙しいのーー。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP