パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

第1作の大ヒットで3部作がつくられた「パイレーツ・オブ・カリビアン」
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B005GJWWHO/

確かに1作目はメチャクチャ面白くてお気に入りの映画。
ところが2作目・3作目はやっつけ仕事みたいなヒドイ出来。
と、僕は思っている。あくまで個人的な意見。

やたら曲者な登場人物が多い割にまったく用なし。
あの海賊頭領たちは何だったんだろう…とか。

第4作目、TVCMで人魚が出てきてニッコリ。
「あーきっときれいな人魚が突然牙を向いて襲ってくるんだろうな」
なんとなく予測できてしまう内容に期待値マイナスで見始めた。

んが、すげーー面白いねー。

1作目と被っているシーンがあるけど、わざとやったんだろうな。
2作目・3作目のような適当な脚本ではなく、しっかりと作りこまれている。

ジャックが下っ端で働くのも面白いし、「1対1で戦えばよくない?」という流れも、いつの間にか乱闘というありがちな流れを正してくれる。

人魚の流れは最初から「恐ろしい怪物」として説明されているので、
CMのような安易な展開ではなかった。というか良く出来てた。

ということで、いい意味で期待を裏切ってくれる映画だったよ。
オススメです。

ってか、もうレンタルされてからだいぶ立っているね。

僕が面白いと思う基準は「シナリオがしっかりしているか?」という点。
観客が予想することを事前に封じる。というのが上手い。

「1対1でよくない?」というのもそのひとつで。
海賊と軍隊で当たり前のように戦闘開始になっちゃうんだけど、
見る側のなんとなく感じる「なんで?」を払拭してから戦闘開始。
結局、戦いが始まるけど、その前振りが大切ってこと。
普通に観ると「笑いの一つ」で済まされちゃうけど、理由がある。
バルボッサの義足に関する件もそうだし。

レビューなどを見ると「昔のキャラが出てないからツマラナイ」というような書き方がよくされるんだけど、それはつまらない理由ではなくて「思ったのと違う」だけなんだよね。
ごっちゃしないほうがイイ。

てことで、じっくりみてくださいな。

IBRamazon, 映画

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP