プログラム作りに興味津々

あるツールの正規認証を今日4月1日からスタートさせた。
ちゃんとライセンスを持っていない人は一掃される。

事前にメールはしていたんだけど、今日再度の案内を出した。

で、そのメールの最後にこんなことを書いてみた。

==============
ps.
「自分でプログラムが作れるようになりたい」って思いますか?
どのくらい要望があるのだろうと気になりました。
「興味あります」という場合、一行「あります」でOKなので
メールを送ってください。
==============

するとメルマガを配信したと同時に続々と「あります」というメールが。

これは正直驚いた。
すっごい軽いノリで質問したのに。

再通知の内容なので最後まで読んでいる人も少ないと思うし、
psでサラっと書いただけだし、簡単な問いかけだったのに。

みんなプログラムを作りたいって思っているんだね。
「プログラムの作り方」という商品を作ってみようかと実は思ってる。

この間、新しいビジネスモデルというところで少し触れた。
今まではプログラムの作り方を教えることは避けてた。
だって難しいから、レベルもバラバラだし、サポートは大変だし。

需要はあることはわかってたけど、今回のメールで確信した。
次は「何を教えて欲しいか」を確認してみようかと思う。
ちょっと本格的に動いてみよう。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP