テレビの世界に関わってみる

出版セミナーのスタッフのつてで「ある俳優」とお話。
俳優と言うっても誰でも知っているレベルではなくて、
ぶっちゃけ誰も知らないというレベルの俳優さん。

ただ「俳優を目指して1年で俳優になれた」というのがウリ。
一般的に目指してもエキストラどまりが結構多い。
そういうなかで端役とはいえ声がかかるというのはスゴイこと。

アフィリエイトの世界でもピラミッド構造できている。
超稼ぐ人、少し稼ぐ人と稼いでいない人のピラミッド。
排風の世界はそれをさらに極端に末広がりな世界なのだ。

で、いろいろ話を聞いたんだけど面白い。
まずエキストラから始めたらしいんだけど、そこだけでも魅力的。
エキストラマニアがいるのだから商材も作れるんじゃね?

本当は自伝を書きたいという21歳なのだが…。
(人生いろいろあったわけです。そして…病気があって…)

なかなかパワフルで思わず応援したくなっちゃうね。
普通の人から見たら変人そのものだけど、面白い。

さらには放送作家、脚本家でもあって、面白い。
ネタ満載だなー。

正直テレビは最近ほとんど見ていないし、ドラマも見ていない。
なので知らない、わからない世界ではあるんだけど、
何かには役に立てるかも知れない。と思ってたりするのでした。

ちないに僕は昔々、脚本家になりたいと思ったことがある。
不思議なもので過去に関わったことが今関連している。
ほんと不思議だね。