失敗したビジネス

えーと、この間のセミナー&パーティーの収支計算してみた。
スゲー赤字です。笑いました。^^

ざっくり▲10万円ぐらいかなーと。

会社設立後、初の失敗。と呼べるビジネスです。わお。

前回の報告通り、セミナーは講師がダメダメだったのでビデオを撮ったけどとても商品にするレベルではないのでボツ。
パーティーは盛況ではあったものの予定した有料参加が予想よりも20人も少なくて赤字という感じ。

ということで一言で言えば「いい勉強したなー」と。^^

失敗というのは「失敗しよう」としてもナカナカできない。
だからとっても貴重な体験なんだよね。ここから何を学ぶか。

これまでネットビジネスで失敗しないモデルしかやってこなかった。
失敗につながる可能性を徹底的に排除してビジネスをする。
だから成功は必然であり、利益もでる。
こんかいのビジネスで失敗したことはなにか…。

パートナーを「信用しすぎた」という一語に尽きる。

初のネットビジネス以外のパートナーなのだが、
「セミナー参加者は15人です」→結果4名
「パーティー参加者は(有料)60人です」→結果40名

現地集金ということ、
facebookでの参加表明だけということ、
当日は雨だったということ、

いろんな要素があるんだけど、驚くほどのキャンセル率。
お客さんの気持ちが「ゆるい」のだ。参加への意気込みが。

これはとても貴重な経験だね。

また有料60人と聞いた時も、そんなには来ないと思ってた。
けど、そのまま熟慮せずにケイタリングサービスを追加。
ケーキ追加、ワイン追加、など要望に全てOKをだした結果が、
これなのだ。

事前に全て予見できたことだったのに、思考停止してた。

ということで、貴重な初体験をした。
だが、これをそのまま失敗ではすませない。
今後のビジネスに役立てて、むしろプラスにチェンジするのだ。