新たなるビジネスの構想5

さて課題の最後はコレです。

・これって「集客代行ビジネス?」
・飲食店への売り込みは誰がする?

前回の日記でも書いたように「コンサルのような代行」です。
なので「集客」は実のところ目的にしていません。
たぶん「結果的に集客される」と思うけど、おまけです。

普通に考えて店舗でメルマガ登録してもらって、メール流したら、ある程度はリピートすると思います。
ブログに書き込みすればSEOも自然に上がってきますしね。

さて、次に売り込みはどうするか。
2つのルートが考えられます。

1つは得意のインターネット上で募集をする。
「飲食店のインターネット活用術」なんてことで無料でリストを集めて「やりますか?」といえば一定数参加してくれるでしょう。
リストになってくれた人たちはそもそも「インターネットをなんとか活用したい」と思っている人たちのなので属性バッチリです。

もう1つは担当者が直接店に売り込む方法です。
ただし、その場合は「売り込みしません」。
テイストは「やりますか?どっちでもいいですけど」という感じ。
強烈プッシュどころか、弱プッシュもしない。
店長にちらっと声をかけてチラシを渡す程度。

そこには「インターネット時代の飲食店経営」みたいなネタが。
ひとつだけ書くとこんな感じ。

====================
ツイッターやFacebookでは食事の写真を投稿するのが、たくさんあります。その時一緒に「○○というお店です」と書いてもらいたくありませんか?では質問です。店内に「店名」は書かれていますか?お客さんが店名を覚えているとは限りません。漢字がわからないかもしれません。しかし「○○」という店名の書かれたポップやメニュー、お善の袋があったらどうでしょうか?
これからはSNSでお店が告知されることを見越した営業をしなければならないのです。
====================
みたいなー。
これで動画セミナーに興味持ってくれたら、1つめの集客に使えるでしょう。

以上です。^^

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP