俺がやらなきゃ誰がやる

「新造人間キャシャーン」という古ーいアニメがあります。
ロボットに支配されかけた世界が舞台

そのオープニングに「俺がやらねば誰がやる」というセリフが。
これは主人公が以外に敵と戦えるものがいないということ。

主人公自体も半分ロボット化することで戦える力を得るんだけど
同時に人間からも「お前もロボットだ」と非難される対象に。

当時のアニメの尊敬されるヒーローから、非難されるヒーローという新しいパターンで大人から指示を受けていた模様。
僕は全然記憶がないですけどね。

で、「俺がやらねば誰がやる」というのを最近感じてます。
そう、周りからも反対されても笑われてもやるしかないな。
というそういう心境でいたりします。

ちょっとしたアイデアから生まれた方法なんだけど、
通常、10%と言われるネットビジネスの実践者を
30%までアップさせることができるんじゃないかと。
ということは単純に3倍の成功者を生み出せるんじゃないかと。

もっとクールに儲かることだけやればいいんだろうけど、
そうじゃなくて、面倒でも儲からなくてもやらなきゃ。
というような気持ちでいっぱいになっていたりする。

これまでに聞いたことがないアイデアだし、
本当にうまくいくかもわからない。
実際に反対されている。というよりも笑われてしまった方法なんだけど、今のところ、これがベストなんじゃないかなーと。

今度、メルマガで方法について流してみる。
予想では「素晴らしい」「アホか?」と真っ二つに意見がわかれると思う。
そして「素晴らしい」といってくれる人が一部でもいるのならばテストでやってみようかと思ってる。

最近このことばかり考えてて、ご飯食べながらも心ここにあらずって感じのときが多い。
「やっぱりやるしかない。俺しかいない」という
これまでにない不思議な感覚に包まれてます。

てことで、また詳細を報告。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP