ボランティアに求めるもの

徹夜中…。
今関わっているセミコン関連。
今日はお昼からセミコングランプリのリハーサル。
本番さながらにやるってことで資料必至で準備中。
みんなでやっているだけど「それ以外」は全部リーダー(つまり僕)にやってくるので細々したことに凄く時間がかかる。

PowerPointで進行用ビューを作っているけど…。
パワポがムカツクほどに使いにくい。
keynoteに慣れているからという点を除いても、パワポのユーザービリティの悪さは天下一品だと言える。
格闘しながらようやく形になってきた。
こんなことに膨大な時間を割いている。
本業が疎かになるレベルで困る。

去年は名古屋でグランプリが開催された。
そのチームリーダーとしてイベント関係の人が担当した。
ドタバタしながらも本番でトラブルがありながらも無事終わった。
だけど去年のリーダーは「ボランティアの範疇を超えている」ということで、それを最後に関わることを辞めた。

今まさに僕がその状態なわけだ。
と言いながらも普通のサラリーマンと違って遥かに時間に余裕が有るわけだが、それでも少々困った状態なのだ。
何が困っているかというと「何をやっていいのかわからない」から。
去年開催された時の資料が何とか有るぐらいで、それを元に準備をすすめる。
主催者は「もっと細部にこだわりを持って」と言ってくるんだけど、細部どころか全体もよくわからん。

それで何が問題なのかなーと考えていたわけだけど、
「素人にプロのレベルを要求している」ということだった。
責任も持たされている、だが決定権はない。
これって実に良くない状態。責任をもたせるのならば決定権も渡すべきなんだよなー。ここがまずいけない。
それとグランプリという1年に1度、その地域では恐らく「初めて」なることなのに年々レベルアップを要求される。
特に今回は東京開催ということで遥かなレベルアップを求められていて参加費も値上げ、懇親会も値上げ、時期はクリスマス直前の土曜日とハードルアゲアゲなのだ。
懇親会なんて7000円と通常のクリスマスパーティー並の料金だからね。集客には苦労する。なんとか集まってるけど。

ここまで来ると「ボランティア」で「素人」が運営するには少し厳しい。地区大会は何回もやっているから相談していなくてもほぼ問題なく運営できる。グランプリにも同様に「繰り返し運営する人」がいないとちょっとまずいと思う。要求されるレベルが「頑張って運営しました」ではないからね。
というわけで僕としては主催者側の専門スタッフが一人いるべきだと主張する。
何をするべきで、今何が足りないのかを把握する。それでそれぞれのボランティアスタッフが自分の心意気と心持ちで頑張る。細部にこだわるとは、その人の個性を出すってことでもある。
だけど、大枠を整えること自体に奔走している状態だから、細部どころではないのだ。

と、徹夜状態で朝の5時30分にこんな書き込みをしている。
もはや愚痴だな。
来週には全て完結する。良くも悪くも。
それまで「やりますよ」と言った自分の責務を全力で果たすのだ。

ちょっとだけ寝よ。


PAGE TOP