2つの打ち合わせ

昨日は「精読率ツール」と「飲食ネット代行サービス」の打ち合わせ。

精読率はこちらでインターフェース部分を作るということで、
データのやり取り部分について打ち合わせ。
相手も難しい部分の開発から解放されるということもあってか、
なんとなくホッとしている印象を受けた。
これから作るのが大変だけどね。がんばろう。
問題は時間があるかという点。外注してもいいけど…。
それは危険だしなー。なんとかしよう。

もう一つは飲食代行のビジネス。
企画書を書いてきたということでチェックをしたけど、
まだまだ中途半端な印象を受ける。
もともとは「訪問する」ということがウリだったんだけど、
「シングルソースマルチユース」の仕組み自体で価値がある。
ということになって訪問部分はアップグレードサービスに。
これは結構、基本構想の根本変更なので不安だったけど、
既存サービスと比較しても十分に価値はある。
通常メール配信サービスやブログ更新サービス単体であっても
数万円するサービスはあるのだから、全部一括は魅力かも。

ということで「人」が動かない分、楽になった。
ビジネス的にも一気に広げることができるかもしれない。

IBR開発

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP