Ustream配信がさらにグレードアップ

お久しぶりにUstream配信をすることになった。
事務所の真ん中でプロジェクターに画面を映しながら、
その画面だけをUSTに流す予定。
なので昔配信用に購入したMacBookPro再登場。

しかし、ずっと使っていなかったためにバッテリーがクラッシュ。
電源コードをつないでいたら勿論使えるけれど怖い。
うっかりコードが外れたりしたらパソコンクラッシュもありえる。
ということで、アップルストアに連絡をして修理してもらうことに。

渋谷のアップルストアに出向いて見てもらった。(電話予約済み)
「バッテリーだけがダメ」ということで交換に1時間。金額11000円。
値段もそれほど高くなくて、その場で修理というのに超感激。

それにしてもMacBookProの「起動回数:39回」には驚いた。
どんだけ使っていないんだよ。^^;

さて、事務所に戻っていろいろ準備開始。
UstreamProducerProを起動して、safariでFX画面を表示。
プロジェクターをサブ画面として表示することで、
FX画面と配信用画面を分けて表示することができる。

ここでMac画面をiPhoneやiPadに写すことができるアプリを使う。
その名はLiveView。しかもiPadでトラックパッドもどきができる。

つーことで、コレまでにない、超絶凄い設定でUSTをやるよ。
※公開終了※

それにしてもUstreamの強制CMがかなりウザイ。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP