フォロー◯ー◯◯ーネクストジェネレーション

今日は飲食関係とFX関係での打ち合わせ。
さらにゴルフ、その上に出版サポートにまで話に広がる。

「おいおい、どんどん広がるじゃないか」

と、思いきや…。

FXの先生となるMr.Yが飲食ビジネスに参戦。
FXはもはや趣味とかしているのでリアルビジネスに興味があるそうで。
飲食で使おうと思っているシステムが、
そのままゴルフと出版サポートにも使えるねってことで。
あらあら、段々とまとまってきているじゃないの。

おかげでだいぶ楽になるイメージができてきた。

さて、そんな話の中で「ツイッターをどう活かすか?」
という話になる。
先人たちのツイッターの使い方を調べてみると、
「コミュニティのような濃い繋がりのところに入り込んでも注目されにくい」
「そこでもっと薄い繋がりのところに入り込んで注目してもらう」
この薄い繋がりのことを「クラスタ」と呼ぶ。
これは「豚組」というツイッターで成功したお店の事例。

例えば「サッカー」で盛り上がっているところに入り込む。
クラスタを狙うのでハッシュタグがないような個人間の会話、リプライされているものをマーク。(@付きのコメントかどうか)
その中に「実は私も…」みたいな感じで入り込み、フォロー&フォロワーの関係になる。
うまく相手が自分に対してリプライしてくれると、話が拡散される。
ある程度関係ができた所で、今度は自分の「仕事」に関して呟く。

という流れ。
これだけ聞くと面倒だと思うけど、効果的なのは間違いない。
ポイントとしては3つ有る
1)コミュニティ手前のクラスタ状態を狙う。#ハッシュタグなし
2)少人数で会話が続いている @でリプライされている
3)会話の主にフォロワーがいっぱいいる

ということをツールで処理することが出来て、
その人達との会話を「友人」としてしばらく追うことが出来れば、
これっていけるんじゃねー。ということに。

いろいろクリアしなければならない問題があるけど、
フォロー◯ー◯◯ーネクストジェネレーションになりえるのでは?

ということで盛り上がった。
結果を出すのにはすこし時間がかかりそうだけど、面白そう。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP