謎を作ってみたりした。

最近ハマっている「リアル脱出ゲーム」
その主催者が「謎解きお茶会」というものを開いている。

リアル脱出ゲームは出された謎を解いて脱出するのが趣旨。
それに対して、お茶会は「謎を作りましょう」というもの。

素人たちが作った謎を解いていく。

私も2つほど作ってみた。
結構ひねりの効いたいいものになっていると思う。

リアル脱出ゲームによく一緒に参加する人たちに試してもらった。

なかなか評判は良かったものの「難しい」という評価だった。
この難しさというのの調整はとても難しい。

簡単と難しいの振り幅激しくて、その中間が狙えない。

そんなジレンマに落ちっていしまうのだ。
リアル脱出ゲームの謎を作っている人たちはすごいなと、
自分で作ってみて感じるのであった。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP