javascriptオモシロス

新しいツールはWEBサービスとして公開する。
なのでブラウザから操作するタイプで作成中。

ブラウザで動かすためにはサーバー側でプログラムを組み必要がある。
今回はPHPを使用しているだが、これは一緒にプ◯グラマー学校をやっている上田さんに任せている。

それで私の方はブラウザで表示されている部分を担当。
ここをjavascriptを使って動かしまくっている。

「表示するだけじゃん」っておもったら違うのだ。
最近のさまざまなWEBサービスはブラウザ上でプログラムが動き回っている。

これまでのサイトは「情報頂戴」「あいよ」というだけだった。
これならjavascriptの出番はない。
だけど最近は画面の一部分だけが情報が代わるサイトが有る。
このように一部分の情報を常時書き換えるためにプログラムが動いているのだ。

ブラウザ上で動くプログ無として最もメジャーなのがjavascriptというわけ。
これが奥が深い…。なにしろ歴史も長い。
そして利用者のブラウザによって挙動が違う…。
これが頭の痛い問題だ。
多くはjQueryというjavascriptを利用しやすくしたframeworkがあるのでだいぶ楽になった。

それでも大量のコードを書かないといけないからシンドイ。
時間がなくてどうしたものかと思案中。

だけどやるしかないからなー。

シンプルにシンプルに を意識しながら、
なるべくプログラムを書かない方法を考える。
ちっさなことでも検証などいろいろ時間がかかるからね。
要らないものは書かないのが一番だ。

javascriptは利用者に一番近いプログラムということもあり、
見た目の変更を変えたりする。
それが面白い。どのようなギミックを使うかということに
ついついこだわったりしてしまう。時間がないのに。^^


PAGE TOP