「辞めちゃえ」

昨日コンサルをしたんだけど、
「転職」ということで結論づいた。

携帯電話の販売をしている人で、早朝から夜遅くまで仕事をしている。最近は「売上げアップ担当」というポジションに付いたらしくて、さらに仕事が忙しくなった。
上司は早朝から深夜まで17店舗を回りまくって指導を繰り返している強者らしい。

ネットビジネスをやりたいと思っているけど、一日に使える時間がないので何もできない。休みは週1回は取れている。

ということだったんだけど「週1日の休み頑張りましょう」というアドバイスじゃなくて「そんな環境じゃ無理、転職すべき」という話になった。

お金を稼ぐと時間的に余裕が出てくる。
そのお金を稼ぐには時間が必要。
その時間を得るにはお金が必要。

にわとりと卵の関係だけど、先にスタート「できる」のは時間。

時間をどのように確保するかを考えるべきだ。
仕事が忙しいから「できない」と結論付けるのではなく、
時間を確保するために「何ができる」と考える。

その際にgive and take を考える。

時間を得るために何を犠牲にするのか…。

多くの場合はテレビの時間、遊びの時間、睡眠時間だったりする。

この人の場合は「仕事の時間」ということになる。
給与もそれほどすごい良いというわけではない。

ただありがちな返事として「この仕事が好きなんです」というのと「私がいないとダメな会社なんです」というのがある。

「この仕事が好きなんです」というであれば、それをやればいい。
ネットビジネスをするのはやめてしまえばいい。
だけど、ネットビジネスをしようとするのは、それでは食べていけないとか何かの理由があるはずだ。
であれば、好きな仕事は置いておいて、まずは自分で稼げるようになってから好きな仕事をすればいい。

好きな仕事しながら、ネットビジネスをするのではなく、
ネットビジネスで成功をしてから好きな仕事をするようにする。

この順番を間違えると苦労する。

「私がいないとダメない会社なんです」という人は自己重要感があるのでついつい頑張ってしまうのだが…。
そんなロクでもない会社は今すぐやめてしまえと思う。
「私がいないとダメ」な会社が自分の会社だったら納得できる。
他人の会社なのに自分がいないとダメなんてどうかしている。
それを「頼りにされている」と考えるのは勘違いもいいところだ。
単に「利用されている」と気づきべきだ。
上司や部下や同僚が良い奴ばかりで見切りが付けられないと思うかも知れないけれど、自分の人生を他人に気を使って台無しにするのはアホらしい。

「まずは自分が幸せになれ、そうすれば周りも幸せになる」

この考えで行動して欲しい。

コンサルしてて「転職してからもう一度」という結論になったのは、
僕自身びっくりだ。もうそれしかアドバイスができない。
時間をいかにして作るか。それは時に大鉈を振るう必要があるね。


PAGE TOP