空気が読めない人

昨日セミコンの本番があって手伝ってきた。
タイムキーパーという役柄で、プレゼン時間がのこり5分と1分のときにプレゼンターに知らせるのが役目だ。
一番前で見ることができるのだが、5分と1分のタイミングをのがさないようにキッチンタイマーと睨めっこしていないといけない。
すごくいいセミナーだったりすると見入ってしまい、告知のタイミングを逃したこともある(ごめんね)

さて、そんな7人のプレゼンターの中に1人おもいっきりKYの人がいた。
前回も出場したことがあって2回目の挑戦。
その時も感じたのだけど、この人、つねに自分が最優先。

全てにおいて自分が基準のためセミナーに対するアドバイスも届かない。何に修正もされない、前回からまったくレベルアップしていないものが登場してビックリした。

セミナー中はやたらオーバーアクション、スクリーンの前を行ったり来たり。以前「目障りだからやめろ」と伝えたけど「内容の区切りを示すために必要」と言って譲らない。言われて見ててもやっぱり必要性を感じない。そしてやたらと前に出る。熱が入ってついつい前に出てくる(聴者に近づく)のではなく、予定調和として近づいてくるのが見え見えなので興醒めしてしまう。

他のプレセンターが発表している時(つまり待ち時間)は、小声で発生練習をしたり、うろうろと歩き回って目障り。

懇親会では女性にはやたらは話しかけてボディータッチをする。
セクハラというよりも「スキンシップには軽いボディータッチ」ということを真に受けて実践しているように思える。

どうにも悪いところばかり目についてしまう。
セミナーの内容そのものは悪くないけど、周りとの調和が取れないタイプに思える。それが引っ込み思案ではなく、積極的だから厄介なのだ。

嫌いというより苦手。
マジ、もう無理。マリカしよう。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP