加◯くんのセミナーに参加してきた

相変わらずすごい情報量だ。
多すぎて理解するのが大変だ。
あと加◯くんよく話が脱線するのでさらに難しくなる。^^

僕は後ろのほうでこっそりと作業をしてた。
半分はセミナーを聞きながら、半分はツールマニュアルの作業。

ツール販売の日程が迫っているので急がないとね。
それで時間を惜しむようにして作ってたわけ。

一番後ろというポジションで目立たないように作業。ごめんね。

セミナー後は懇親会があったんだけど、そこにかなり強烈な個性を持っている人がいて面白かった。

「だいぽんさん、サインください!」と興奮気味にきた男性(26歳 群馬)。サインを求めるのもビックリだが、それがリングノートの紙だったのでさらに驚いた。
「サ、サインですか?」とだいぽんもビックリだった。

その後何故か風俗について熱く語る彼は妙に面白かった。
風俗ネタでブログ書けばいいじゃんって思ったほど。
個性的だし熱心だし、それを出していけばいいのになー。

ただ「サインを求める人」は正直無理かなーと思っちゃったり。
サッカー選手やF1レーサーのような場合、憧れてサインを欲しくなるのはわかる。

つまりはサインを求めるという行為は「あなたのようにはなれません」と宣言しているようなものだ。

てことで僕はどんな有名人でもサインはもらったことがない。
ほしいと思ったこともない。

いつも「いつかあなたのようになりますから」と思っているから。

というのは少々言い過ぎで、もともと個人崇拝的な感じが好きじゃないというのが本当の理由。

懇親会の最後、僕もサインをお願いされたので書いた。
変な気分だ。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP