NEO HILLS JAPAN

「与沢翼、書類送検」
こんなニュースが流れてなかったら、この雑誌の存在にも気がつかなかった。
あー、本当にネットビジネスの「今」を知らないで生きているな。俺。
知らなくても生きていけるからいいんだけど。

「ネオヒルズジャパン」

ネオヒルズジャパン
試しに買ってみた。Vol.1となるが2が出るのか心配である。
表紙のインパクトがスゴイ。凄すぎる。強烈である。
そして中を見ると更に強烈だ。
男性ファッション雑誌のような写真があちこちに。
おぉー。

ネオヒルズジャパン

面白い!いろんな意味で。買いです。

別に与沢氏を批判するつもり無いし、雑誌を批判するつもりはない。
笑うけど。

このような雑誌が販売されることの凄さに感動する。
ネットで調べてみると「新しい集金方法」とか「詐欺師の雑誌」とか批判されたものが多い。
その逆「与沢ファンです」という熱烈大歓迎という書き込みも多い。

で、そんな様子をみながら、思うのは…さっき言ったように「このような雑誌が販売される」ということ自体が凄いと思うのだ。

ネットビジネスなんて世間からしてみたらちっちゃな世界。
オタクの世界よりも狭い世界でビジネスをやっている状態なのだ。

お盆と年末に開催されるコミケレベルのような集まりをネットビジネスの有名人全員協力しても集客してもムリだろう。

雑誌として刊行されるというのは、一歩、世間への認知が広まることを意味している。
「ネットビジネス」という世界があるということを広めることができる。これは与沢市とAyu氏がスタート時から言っていたことだけど、まさに「俺達が有名になってネットビジネスの世界を知らしめる」ということをやっているわけだ。

知らしめ方の賛否はあるけど。

このまま与沢塾に入っちゃったりすると悲劇が待っているので、
そこは「ちょっと待った!」と気づかせてあげないといけないけどね。

本の内容はえぐすぎて面白い。
男の欲望としては「カネとオンナ」になるわけだけど、
それを全面に押し出されていて良い感じ。
オンナに関しては、別にエロい写真はなくて
「アイドルを抱いた」とか「フリーの女子アナは楽勝」みたいなノリ。
※匿名の起業家の話。誰だ?

で、内容的には「ワル乗りすぎだろ」という面と、
極真っ当なビジネス論が語られてて面白い。
結構しっかりと戦略練って作っていることを感じる。

当然、ネットビジネス初心者向けなので内容は軽いけど。

あー、面白い事になったなー。
ということで一冊買っておきましょう。
http://www.amazon.co.jp/dp/4575454125

IBRamazon, 脱サラ&起業

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP