ワーカープレイスメント

少し前に購入したボードゲーム「ストーンエイジ」。

ワーカープレイスメントというのは「人(駒)を配置して仕事をさせる」というもので、どこに配置するか、どの程度仕事をするか、どの順番にするか、などなど中々楽しい。

今日は昼すぎからひとりで黙々とゲームをしていた。
4人プレイヤーをひとりで順番に処理。
合計して3時間ぐらい掛かった。

初めてということでもあって時間がかかったけど、
慣れても2時間ぐらいは掛かりそうだ。

やっぱり面白いね。
ワーカープレイスメントは、いずれ作ろうと思っている
自作ボードゲームの基本となり得るものだ。
最初の時は知らなかったけど。
時間という概念が駒として使っていた。

テストプレイしたことをfacebookで書いてみたところ
「やりたい!」という書き込みがあった。
ネットビジネスやってみるみんなでやりたいねー。

てことで、今度やろーと。


PAGE TOP