せどりを体験してきた

転売ビジネスのノウハウに合わせてツールを作るのだけど、
その打ち合せで「実際にやっているところみてもらいましょう」
ということになって秋葉原ヨドバシカメラに行ってきた。

総勢で5人がぞろぞろお店を歩きまわる。^^

最初はおもちゃ売り場でテレビゲームの特売コーナーへ。
「この商品をスマホアプリのこれで調べるんです」

Android携帯だと「せどろいど」iphoneアプリだと「せどりすと」

これで調べると手数料を引いてどのくらいの利益が出るかが判る。
その例えとして手にとったゲームソフトがイキナリ+1000円。

在庫が12あったので全部売れたら、12000円也。
すげーーーーーーーーー。

他の電化製品、カメラ、生活用品などを調べて見まわる。
ヨドバシカメラは電化製品は高いのであまり良い商品は無い。
だけどチラシなどでチェックすると結構見つかるらしい。

秋葉原という土地柄、毎日どこかで特売をしているから
かならず「お宝」が見つかるのだそうだ。

その後、フィギア販売のお店でせどり。
こちらも「おぉ、これ利益でるなー」というものがあった。

「せどり」というと中古本の販売だと思っていたんだけど、
今回の転売では「新品」をメインとして扱う。
というのは中古の場合、商品の状態がすごくネックになる。

安いと思って仕入れても売れないことが多い。
だけど「新品」ならば、状態を気にすることもなく
販売価格だけを考えてしいればいい。

ゲームソフトも、フィリギアも、電化製品も同じ。

せどり体験した後はカフェに入り込んで、
必要な機能、よく使う機能、スマホアプリの仕様を打ち合わせた。

せどり体験をしてみて感じたのは「宝探し」の感覚を味わえることだ。
特に初期の段階においての発見の喜びはひとしおだろう。
だんだん取引量が多くなってくると面倒だろうけど、
初めて自分ビジネスをする人にとっては、最適かもしれない。

せどりからネットビジネスに入ったいという人は多い。
だいぽんもそうだしね。

これは薦めたが方いいな~と感じた。

その後、秋葉原にある「シューティング場」に出向いた。
ここはモデルガンをバンバン撃てるお店。

ハンドガン、アサルトライフル、スナイパーライフルを
撃ちまくって遊んだ。楽しいね〜。

さて、今度は「電脳せどり」の仕様について打ち合せだ。
楽しいね〜。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP