アルバイトプログラマーを募集してみよう

現在、面接した人は一人なんだけど、いろいろと思考中。

プログラマーを雇いたい会社は「こちらで働いて」「月給制」で募集。
対してプログラマーの要望は「自宅で働いて」「短期or時給」が多い。

ということで双方に温度差があるということを感じた。
今回募集した方法は最も集めにくい「場所指定」「月額制(しかも安い)」だったので厳しかったのかもしれない。

そこでアルバイトを雇ったらどうだ…ということになった。
時給1500円ぐらいで自宅勤務。作業開始と終了をチャットで報告。
コードはgitで共有して進捗を確認。

時給1500円、1日8時間、20日で24万円ということで予定予算に収まる。
最初はテストで数名を募集してみてテストした上で絞り込んでいく感じ。
できれば3人ぐらい常時雇って、定期的に新規と入れ替えることでレベルの向上を目指したいと思ったりもする。

どういうところで募集をすればいいのか調査をしている。
そして「ここで働いてみたい」という魅力的な会社であることをアピールする案内ページを作ろうとしている。理念などを語って。

定年退職まで働きたいという人は、恐らく皆無なので「面白そう」がキーワードになると思う。いろいろと遊びも含めてチャレンジをしているから、そこら辺を伝えていこう。

IBR開発

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP