税理士さんとの決別

会社を起こしてからずっと「ベンチャーサポート」という税理事務所に管理をお願いしていた。
和佐さんに「税理事務所いいところありますか?」と聞いたところ、ここを紹介された。

和佐さん、木坂さんなど有名なインフォプレナーは結構利用している。私が参加した時は京都と東京だけだったけど、どんどんと大きくなった会社だった。
そういえば一番最初にベンチャーサポートに出向いた時は社長が挨拶してくれたな。その時は知らなかったけど。

その頃は「アフィリエイト」について知らないという税理士も珍しくなかった。なぜインフォプレナーが異常な利益率なのか理解できない税理士もいたりした。ベンチャーサポートはそういう意味でネットビジネスに強い会社だったので説明不要でお願いできた。

さて、3年半という月日の中で担当者が4回ぐらい変更になった。最初の人はイキナリいなくなり、跡継ぎも数カ月後に変更、以後1年近くひとりの担当者になった。
この人とはよく話があって、打ち合わせも毎回ホテルのラウンジでプチ贅沢をしたりした。ご馳走したかったんだけど会社の決まりで禁止らしい。せめてということで折半ということにした。それでもケーキセットとかにすると3,000円とか掛かるので経理の人に怒られていたそうだ。
そんな状況でも笑いながら付き合ってくれるのが面白かった。
一番の良かったのはネットビジネスの情報が回ってくることだった。「最近、こういうやりかたがあるそうですよ」とか守秘義務に触れない部分を教えてくれるのでとても刺激になった。

「領収書管理だけだったらどこでもいい」という思いがある。

実際、爆安の税理事務所だってある。なぜ、あなたに頼むか?というと「それ以上に得るものがある」からに他ならない。

さて、この人と上手く行っていたが社長と喧嘩したということで突然辞めることになってしまった。残念無念。
新しい新人さんにバトンタッチをすることになった。で、この人になってから約1年。
ベンチャーサポートを辞めることにした。

というのも前述した通り「ただの税理事務所」になってしまったから。新しい担当の性格もあるんだろうけど、数値だけきちんとして終わってしまっている。最初の頃はそれすら怪しくて何度か訂正してもらったりもした。

「ただの数字屋になったら駄目だよ」とアドバイスまでしていたけど、タダの数字屋になってしまった。

そんな折に前任担当者と偶然に出会う。
転売で一緒動いてたトク◯ウ君の税理担当をしていたらしい。そして話の流れで私の名前が出てきてビックリ。facebook経由で連絡があったというわけだ。
一回カフェで「おひさしぶり~」と話をしながらその時は昔話だけで終わった。

んで、営業電話かメールが来るかな…と思っていたけど来なかった。さすがだな。そういうことは嫌がられることをよくわかっている。

ということで約1か月後にこちらから「ちょいと相談したい」と打診をした。ついでにと言ってあれだけど、だいぽんも一緒に会社を変えないかと持ちかけた。
もともとベンチャーサポートを紹介したのは私だったからね。言わば紹介した責任というものを感じてた。今の担当はダメだ。ということで。

3人で話をしながら「んじゃ、よろしく」という流れで即決。

そして本日、メールにてベンチャーサポートに「税理事務所変えます」と連絡をした。

さらばベンチャーサポートてことで。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP