「弟子にしてください」

気がついたら6日間も日記書いていなかった。
忙しいというのは本当にいかんね。
もっとゆとりのある生活をしたいものだよ。

あるときfacebookにメッセージ届いた。

「弟子みたいのって募集していないですか?」

この人はツールの購入者なんだけど、メールじゃなくて
なぜかfacebookで問い合わせをくれる。
サポートもfacebook。

という感じの人なので、予想通り「空気よめない」感バリバリ。

なので返事も実にあっさり返しておいた。

「してません」

そして、その返事がこれだ。

「ですよね」

なんか小ネタっぽいやりとりだ。

弟子は面倒だなー。いろいろと。
一緒にチームを組んでやるというのならばいいと思うけどね。
チームのメンバーは厳選に厳選してやらないと。
スタートしたら外すわけにはいかなくなるから。

でもスタートしてみないとわからないこともある。
知識も十分、やる気も十分、だけどやってみるとダメだった。
そういうことは仕方がない。

それは人間の多面性にある。ある一面しかいつも見えない。
新しい局面を迎えることで初めて見えることがある。

いろいろあるね。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP