github勉強会

今日はgithubという仕組みについて勉強会を行なった。
講師はフォロー◯ー◯◯ーPROのWeb版を作ってくれている上田さん。
プロのプログラマーだけに色々知っているね。

んで、githubって何かというとプログラムの更新情報を管理するプログラム。
プログラムというのは1行書くだけで動きが変わってくる。

もっとよくなるために更新しようとしたら、ギャクに動かなくなるということもある。
そういうときは「やり直す」。
だけど、もし5箇所手直ししたうち、1箇所直したい場合どうするか?

CTRL+Zでのやり直しは全部やり直しになる。
それは限界がある。やり直しの数が多くなれば、ほぼ無理。

githubはそういう「どこを直したか」というのを自動的に記録してくれる。5箇所の修正部分を「変更前」「変更後」管理してくれるから一目瞭然。

個人で利用するだけでもこれだけもメリットが有る。だが本当に素晴らしいのは複数でプログラムを作る場合だ。
一人が更新したプログラムを「ここを直したよ」という情報がわかり、それを「採用する」か「却下するか」も選択することができる。

こうして複数人で同時にプログラムを作っても問題が起きないような仕組みになっているのだ。

まだまだ機能的に複雑なので理解しきれていないけど、しっかりと勉強していこうと思う。

ちなみにgithubを文章作成にも利用されているようだ。
分業で作業するときに、その文章を採用するかどうするか、いろいろと使える。

ということでgithub、最初は取っ手付きにくいが、スゲー便利。

IBR開発

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP