プログラマーを雇うべきか否か

夜にだいぽんちゃんと一緒にご飯。
前々から「精読率計測ツール」や「特典配布システム」や「ランディングページ作成ツール」や「一括投稿システム」などなど構想を膨らませて、めっちゃ売っちゃおうぜーーーとか話しているんだけど。

時間がないの〜。

だったらWebアプリ作れる人雇えばいいんじゃん。

という結論にいたり、二人で共同で雇おうかという話になった。
まだまだやりかけの仕事があるので早く一段落つけて、
プログラム作りから一線を引いてマネジメントをやりたい。

が、ワタル事件があったり、外注先の「辞めます」宣言があったりなどでアタフタしている。転売も予定以上の時間がかかっているという問題も困ったものだ。

「作るのが楽しい」というのが実は一番の弊害なのかもしれない。
作る人がいない=じゃ、俺作るわ。という流れ。

「じゃ、俺やるわ」というのはついついやっちゃうことなんだけど、それは自分を追い詰めることにも繋がってしまう。
自分でやったほうが早いし、クオリティが高いものができるのは確実なんだけど、それじゃーーいかん。

ということで、心を鬼にして「やらない」という決意をしなければ…。できるけどやらない。やりたいけどやらない。

さて、プログラマーを雇うにしてもどーすればいいのか。
まず正社員は雇いたくない、いろいろ面倒なので。
以前、それで苦労したしなー。
外注だとちょっと距離がある。正社員だと近すぎる。
その中間ぐらいがいいな。派遣?うーん。悩む。

今二人のプログラマーに手伝ってもらっている。
表向きは外注なんだけど、日々チャットワークで打ち合わせして、ちょいちょい事務所で作業したりしている。
これぐらいの距離感がちょうどいいなと思ってる。

もう少し考えよう。そして実行に移そう。

IBR開発

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP