iOSアプリを作ろう

現在はWeb版で動いている「せどりツール」なんだけど、
これをiPhone,Androidアプリとして動かそうと実験中。

Web版を作る時からそれは想定していたんだけど、
実は大きなミスをしていた。

スマホのネイティブアプリ化する際には簡単なのはハイブリッド式。それはHTML5をベースに作り機種特有の機能は専用プログラムで解決するというやり方。とりあえずWebページが作れたら、それらしいものができてしまうのだから便利だ。

さすがにスピードを要求されるようなアクションゲームは難しいが、今回実現しようしている「せどり用ツール」だったら十分に可能なのだ。

一応技術的なことは調べて、それを意識しながら作っていたのだが…基本部分をHTMLページで作って、プログラム的なところは全てjavascriptで書かないといけなかった。それなのに大部分をPHPで書いてしまったのだ。

PHPはHTMLにもプログラムのどちらにも動ける便利な言語。昔から愛用している。ページの最初はHTMLで書いて、途中からプログラムになって、最後はまたHTMLというようなことができちゃうぐらい柔軟性を持っている。その利点を活かすように作ってしまった。

するとHTML5+javascriptだけで作らなければならないスマホアプリでは具合が悪いのだ。なのでデータの処理部分は全てajaxでデータを非同期で処理しなければならない。ログイン画面から作り直しだ――。

もっともベースはできているし、あっちこっち最初からajaxでできているところがあるから、一つ一つやっていけば解決できるだろう。ようやくログイン部分ができそう。まだまだ道は長いな。だけども一歩一歩確実近づいていることを感じるぞ。


PAGE TOP