輸入、輸出版ツールの完成

久しぶりに転売ツールを作りこむ。
ココしばらくCyfonsとかに関わっていたからな―。

やったことは輸入と輸出部分を各国対応すること。
これまでは、日本→アメリカ、日本→イタリヤ という日本基準だった。それをアメリカもイタリアもドイツもフランスもどこでも基準にして商品を探しだして、他の国と比較できるようにした。

この機能によって「アメリカで仕入れてフランスで販売する」なんてこともできるようになるわけだ。改造は思いの外、スムースだった。というのもアマゾンサイトをスクレイピングしている(APIだと最大100件までしかデータが取れないので)のだが、HTMLの構造が各国同じなのだ。びっくりするぐらい。一部違うところが有るけど、ほぼ同じ。だからその違いだけを気をつければよかった。

そしてログイン機能を実装。まだパスワードリマインダーがない。けど、特に問題ないみたいだからそのうちにつけよう。あと「続きを読む」をホバーさせて一番下に常時表示させることにした。これによって利便性が大幅アップ!些細な修正だけど、便利さは格段にアップする。

まだ足りないのが「リスト化機能」。気になっている商品をチェックすることでリスト化する機能なんだけど、DB外の絡みがあるので少々時間がかかる。

ということでまずまずの出来かな。使ってくれるかな―。