セミナー講師セミナー

これまで本格的にやったことなかったけど、
「セミナー講師」のためのセミナーを開催した。

フォロー◯ー◯◯ーPROの購入者で、
さらに勉強に参加した人で、
さらにCyfonsを購入した人で、
さらにセミナー講師セミナーを受けた人

という具合で絞り込んだ5人を相手のセミナーだった。
事務所で午後1時から7時まで実施。
ワークショップも少しだけ挟みながら行った。

で、感想としては、めちゃよかったーーーー。
出来としては満足。少人数だけに全員にワークと発表をしてもらう。
そして一人一人にアドバイスをする。
こういうやりかたは5人が限界だね。うん。
ある意味、ミニコンサルみたいなものだからな。

アドバイスをしながら、あー、こんなことを僕は意識しているのかという発見をたくさんした。後日、ビデオをチェックしながら、付け足していこう。今後もやっていきたい。

5人のうち、一人とても変わった人がいた。アダルトアフィリエイトをやっている40歳を過ぎた人なんだけど…。
テーマ聞いたら「ネットビジネスを教えている人はブランドの本当の意味を判っていない」とか言い出して、持論を展開。それが支離滅裂過ぎて、どこからツッコんでいいのかわからない。とにかくネットビジネスの情報は表面的なことばかりだ!と息巻いて、真実を伝えると叫んでる。が、その人自身、アフィリエイトではほとんど実績を出していない…。なので全然説得力がない。
じっくり聞いても何が言いたいのか分からない。こちらが質問しても必ず関係ない答えが返ってくる。いちばん疲れたのはこのやりとり。
 
僕が「ターゲットは誰ですか?」と聞くと、
彼は「大衆です」と答える。
僕が「では、大衆ではない人は誰ですか?」と聞くと、
彼は「えーと、天皇家とか…」と答える。
僕が「天皇家以外は大衆ですか?」と聞くと、
ピクピクと頬が引きつり始めた。
僕が「大衆はあなたの話を聞きたいと思いますか?」と聞くと、
ピクピクと頬がさらに引きつる。
 
この人はヤバイ人だなと感じた(というか、ずっと感じてた)ので、そうそうに切り上げる。
他の参加者は気を使って、ちゃんと聞いてあげたりしたけど、容赦しないぜ。とはいえ場の空気を壊さないように終わらせるよう注意をした。
できれば、もう関わりたくはないな…。

さて、懇親会に出かけようかと思ったところで「お金がないんです」という人が登場したので「OK、事務所で酒盛りだ」とばかりにビールをコンビニで買い込んで乾き物でワイワイした。
そのノリでさらにセミナーについてのレクチャーを行い、20日に予定しているセミナー講師デビューの人の練習を行って、ダメ出しをいっぱいした。これは居酒屋では出来ないことだ。まさに不幸中の幸い。

ということでまるまる一日掛けたセミナーは終了した。
めちゃ有意義だったが…さすがに疲れた。^^

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP