儲けさせるということを真剣に考える

最近、だいぶ初心に戻ってきた感覚を受ける。
「儲けさせる」ということを真剣に考えている。

そして同時に自分自身に対して「儲ける」ということを言い聞かせるようにしている。セミナー等では「儲かったらいいな、ではなくて、儲けると決意してください」というふうに言っているのだが、だんだんと自分自身が「儲かったらいいな」という風な気持ちで行動していていることに気づいた。

ツールを販売すればそれなりに売れる。紹介すればそれなりに売れる。
そういう、とりあえず凌げることに段々と慣れてきてしまったのだろう。

そしてツールを販売することが優先しており、一緒に販売しているノウハウについてはあまり感心がなかった。ほとんどは実践することはなく、情報をもらってそれにしたがって作ってきた。それでも売れるし、ビジネスとしては十分だった。

だけど、ワタルくんが失踪してからノウハウサポートを私が担当することになって実践していない自分の言葉に説得力がないことを痛感する。だからこそ勉強会というウルトラCの方法を思いついた。結果的には「これが俺のスタイル」という発見になったのだから良かった。小さく身近に販売していくというスタイルに移行する決意ができた。
 
 
そして今日、「片手間コピペ塾」という商材のウェビナーを見ていて思ったことがあった。七星明さんという人がいる。1000人セミナーや6000人セミナー、などとにかく派手なパフォーマンスで話題になる人だ。今回は総額で何百万にもなりそうなプレゼント企画だった(本人が使用していた中古ではあるが)。
彼はたくさんの商品をこれまで紹介してきたが、一貫して言えるのは「彼自身が実践者で結果を出している」ということだった。元々のノウハウは人に教わったものでオリジナルではない。その方法を自ら実践することによって躓き、教えてもらって乗り越え、それを「私にも出来ました」という形で販売する。

本来はこういう姿でなければならないだろう。七星さんの販売スタイルは好きではない「片手間コピペ」なんていうキャッチーな言葉で所謂「情弱」だけを根こそぎ刈り取るやり方だからだ。ほとんどの人は彼のもとで実績は出せていないだろう。それぐらい「だれでも簡単」を連呼していく。
だけど販売の手法については勉強になるのでいつも気にしている。

尊敬できない人でさえ、ちゃんと自ら実践して実績を出しているのだから、私もそうしなければならないだろう。だけど時間がない。今、あれこれと変わっているものが多くて本当に時間がない状態が続いている。
(それでも普通のサラリーマンからしたら自由時間は多いけど)

時間を切り裂きながら、まず自分が実践をして実績を出して、それを伝えていく。そういうスタイルに切り替えないといけないと思っている。

プ◯グラマー学校は「実績を出している」ものだから堂々と言い切ることができる。その感じで行かないと。そういう意味で言えばもっとプ◯グラマー学校をプッシュしないといけないね。といっても「売る」の部分だからな〜。

フォロー◯ー◯◯ーPROの方をこれからやっていこう、そして実績を出そう、そして伝えていこう。小さく着実に。泣けるレターを書いていこう。儲けさせるためにフォローしていこう。

いろいろ書いてて、なんだか取り留めのない話になってきた。
今日はこれぐらいにしておこう。


PAGE TOP