twitterは奥深いな―。

ツイッターアフィリエイトをチャントやろうと思って、Twitterの現状を調べ始めた。するといろいろと面白いことがわかった。
「フォロ爆」「自動アカウント作成」

まず「フォロ爆」というのは「フォロー爆撃」の略。
自分が保有する複数のアカウント、言わばサブアカウントで誰かをフォローすることを言う。その予備アカウントの数が30とか100とかある。それで特定の人をフォローしていく。するとフォローされた人には見た目はものすごいフォロワーになる。
そして自分のメインアカウントに対しても「フォロ爆お願いします」ということでフォローワーを増やしてもらう。
相互フォローと言うのは昔からあったけど、その拡張版みたいなものだ。色々考えるな―。
このフォロ爆をやっているのは中学生から高校生ぐらいのように思える。「フォロー数が多い」というちょっと見えを張った感じなんだろう。いかにも中学生、高校生らしい。
なかにはフォロ爆で10万フォロワーという人もいるのだから世の中不思議なものだ。

ただ、これが無視できないのは「10代」ということなんだよね。ツイッターの利用層は10代が圧倒的で40%にも及ぶ。なのでTwitter文化においてフォロ爆は定番しそうな感じなのだ(いつか規制されるだろうけど)。

つーーことは、フォロ爆ツールなんてものを作って公開してリストを集めて、10代向けの広告を流せば…ほほぉ。いけそうだ。
さらに「フォローするためのアカウント」が大量に集まるので、ツール利用に際して「勝手に誰かをフォローするよ」なんて規約に承諾させれば、フォロー要員が10万アカウントぐらいすぐに集まりそうだ。ふむふむ。面白そうだな―。

ちょっとやってみるかな。
 
 
そして「自動アカウント作成」。以前調査したらPROXYをかませばいくらでも作れるということはわかっていた。Twitterアカウントのことを調べているうちに「ツイッターアカウント自動作成ツール」というものが存在していることに気がついた。しかも販売している。3000円。

さっそく購入して試してみたところ…。おぉたしかに1時間程度で500アカウントが出来た。ツール上は1000アカウント処理しているがおそらく半分ぐらい拒否されたみたい。それにしてもこんなに簡単にアカウントって作れるんだな―とびっくりした。
作ろうと思えば10万アカウントぐらいすぐできそうだな。

もっとも10万アカウントを持ったからといっても「どうすりゃいいんだよ」という状態なのであまり価値を感じないけどね。

ちょっと調べてみただけでいろいろ分かって来た。これもっと調べたら、ツール作ってゴリゴリやってを繰り返したら、まじでアフィリエイトだけでこっそり稼げそうだな―と思ってしまった。
 
余談だけど、先ほどのツールを販売していたサイト。私が購入してから約5時間後ぐらいに消えてしまった。^^;
なぜ?俺のせい?とかちょっと考えてしまったが偶然かもしれない。逆言えば手に入れておいてよかった。実験ができたので。
でもメインサイトが消えたせいでツールも動かなくなった。中学生にとって3000円は大きいからたくさん苦情が来ているだろうな―。
 
 
アフィリエイトでこっそり稼げば、ツールの販売やサポートとか面倒臭いことしなくてもいいんじゃないか!と思いつつ、でもやっぱり好きなのは人と接することなんだよね。ってことで、多分スタイルは変わらないだろうな。
裏でこっそりと儲けつつ、表でじっくりと「やりたいこと」で儲けるというスタイルが良いのかもしれない。

Twitterまだまだいけるね。