セミコングランプリ終了。スタッフに光を灯す

もう本格的には関わらないと決めたセミコン。
と、いいながらついつい手伝ってしまう。
「お金にならないことに時間かけすぎ」と怒られてしまう一つのことだ。来年はもう少し頻度を下げよう。
しかし、そのメンバーから「ネットビジネスでコンサルしてほしい」と言われたりして満更でもないなと思ってみたり。「これから起業ネタをやっていくつもりです」と話すと賛同してくれる人多数。もともとセミナー講師をやろうとしている人たちだから独立心は旺盛。そういう意味ではマッチしているね。

さて、そのセミコングランプリが昨日終了した。310人を動員してKOKUYOホールというじつにイケてる会場での開催。その裏にはボランティアで参加したスタッフによって支えられている。
壇上に立つ挑戦者が主役であることは間違いないが、その表舞台には見えない裏舞台で活躍するボランティアスタッフがいる。少しでも労いのつもりでビデオを作ってみた。

打ち上げが終わってから夜中の3時過ぎまで掛かって作ってた。またお金にならないことやっている。でも、こういうスタッフを大切にしたいという気持ちがとても大きい。多分だけど、映画好きで映画関係の仕事をやりたいと昔思っていたから「裏方の大変さ」というのを知っているからだと思う。スクリーンに大写しになる俳優たちの陰で、絶対に写ってはいけないけど、極めて重要なカメラマンや音響、照明、タイムキーパー、交通整理、衣装、大道具、小道具のスタッフがいる。
彼らの活躍無くして俳優たちは輝かない。そんな気持ちがある。

てことで、陰の主役たち(スタッフ)を労いたいね。

IBR動画, 脱サラ&起業

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP