起業ネタをまた思いついた

この間、起業ス◯ートアップというコンテンツをXX000円で販売を始めた。まだメルマガ読者だけなんだけど、まーいい感じに売れた。
ただ、これからの初めての人たちにいきなりXX,000円はちょっとハードルが高いかもしれない。
そこでX,000円程度の商品を作ることにした。
 
XX,000円の商品は「個人事業開業で税金で得をしろ」ということと起業家マインドについて多くを買ったって要るのだが、
X,000円の商品は「何で起業するべきか?」「ビジネス収益テンプレート」という感じでもっと最初の段階のものを計画している。言ってみれば「やってみよう」という夢を与えるような教材だね。
ここでも「起業の方法」を教えるのではなく「方法の選び方」という点にフォーカスしているのが、これまでの起業指南とは異なる。
 
多くは「転売で起業しましょう」「アフィリエイトで起業しましょう」と先に“方法”があるという感じなので、その前段階を語るという感じ。
そりゃ「これで月収100万円」という方がキャッチーなんだろうけど、だんだんとそういう売り方に疲れてきたというのが正直なところ。
 
これまでノウハウを誰かに提供してもらって、それに関連するツールを作ってきた。「ノウハウ+ツールが最強だ!」と言ってきたし、今でも思っているけどノウハウ部分をこれまで自分は提供できなかった。だって、ツール販売で稼いでいてノウハウで稼いでいるわけではないから。
なので誰かにノウハウを提供してもらう必要がある。そうなると「これで月収100万円」という売り方にどーーーーしてもなってしまう。そのほうが売れるからね。
 
もっと王道的な方法だけに特化したいという気持ちが拭えない。
ネットビジネス大百科のようにずっと売れ続けている商品がある。あんな風な王道的なノウハウでいいじゃんか!という思いだ。なのでツールも「王道的なツール」例えばランディングページ作成ツールみたいなものをしっかりと販売しようと思ったりするのだ。
 
起業というネタは昔から私のテーマだったし、伝えたいことだった。自分自身が「方法はわからないけど、とにかく起業したい」という気持ちがあったから、そういう人たちを相手にしようと思うのだ。
 
プ◯グラマー学校は、その「方法が思いつかない!」という人に向けての「方法論」として販売していくようにシフトしていく。メルマガの流れの中で繋いでいく。全てをつなげるのだ。
 
ということで、これから昔のセミナー動画を掘り出したり、新しくKeynoteでセミナーを作る。


PAGE TOP