急性胃腸炎?かな

やばかった。
土曜日の夜に突然、吐き気を催す。
胃が「中身全部出せ!」と叫び、胃の入り口が「だめだめだめ、一方通行だから」と押しとどめる。
トイレとニラメッコしながら延々と続く苦闘。
しょうがないので刺客(指)を使って強制リバース。

あー、すっとした。

人間の体はすごいな~と感じた瞬間。
「全部出せ」というものを出すとスッキリする。
要らないものを排除する機能が抜群である。

しかし、ここからが試練。
ヨーグルトを食べても、水を飲んでも、スポーツ飲料を飲んでも、
全部からだが受け付けない。どれもダメ。
こりゃヤバイ、脱水症状になると焦った。

不思議な事に、嘔吐以外の異常はない。
熱もないし、下痢もないし、気分もそれほど悪くない。
一体何が原因なのだろうか。

未知のウィルスに感染して、ニコニコにしながらイキナリ死んでしまうのだろうか。とか、悪いことまで考え始める。

ちょうど翌日は日曜日ということで病院も休み。(休日診療しているところはあるけど)
まいったーと思いながら日曜日を迎える。

「救急相談センター」という存在を思い出した。
ここは「救急車を呼ぶべきか?病院に行くべきか?」が相談できるところ。
まずは今の状態を確認しなければならないと思って電話。

問診しているうちに「胃の活動が弱い」ということになった。スポーツ飲料を受け付けないのは、嘔吐直後に飲もうとするから。嘔吐後は1時間以上おいてから少しずつ飲むことを教えてもらった。
脱水症状の初期症状は「小便が出ない」「立ちくらみ」ということだったので、その部分をチェック。

時間を置いてちょっとずつ飲むことを意識することで、スポーツ飲料が飲めるようになってきた。こうして日曜日は寝て過ごした。

月曜日に朝一番に病院にいき、胃のレントゲンも撮って調べてみたところ「胃が動いていない」ということだった。食べ物は問題無さそうなので「冷え」が原因の可能性がある。

うむむ、運動不足は自覚しているから、それはあるかも。
普段から冷え性だし。

整腸薬を処方して貰って病院を後にする。
水もだいぶ無理なく飲めるようになってきた。
丸々2日間、水しか飲んでいなかったけど不思議と空腹感はなかった。月曜日の夜に2日ぶりのゴハン。
「おにぎりとサンドイッチ」
胃に負担かけないように少しずつ食べよう。

これを気に食生活を見なおそう。ダイエットにもなるし。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP