映画「ランナー・ランナー」

https://www.youtube.com/watch?v=KZndBMAVCu8
オンラインカジノをアフィリエイトして学費を稼いでいた天才学生がいた。学費を稼ぐためにオンラインカジノを始めたところ無一文になってしまう。統計学的にて不正があると確信した学生は、アメリカのほうが届かないコスタリカまで胴元に会いに出かける。
 
てな具合で始まって、なかなかおもしろい出だし。
「アフィリエイト」という言葉が説明もなく普通にバンバン使われて、時代は変わったな―と思ってみたり。
不正は胴元が雇っていたプログラマーがこっそりやっていたということがわかり感謝されて雇われることに…。

ここらへんからもう普通。普通すぎてツマラナイ。
FBIが出てきたり、
胴元が裏切ったり、
胴元の愛人と仲良くなったり、

「ランナー・ランナー」というのは「一発逆転」という意味もあるんだけど、なんだか微妙な逆転ッて感じで「それって一発逆転か?」という終わり方なのも微妙だったな。

「実話を元に」とかあるけど不正事件のことらしくて、ほとんどストーリーと関係がないしね。
ギャンブルがメインとなった映画はいろいろあるけど、面白かったのは「ラスベガスをぶっつぶせ」かなー。
https://www.youtube.com/watch?v=Im_c3pMn6rU


PAGE TOP