プログラマー懇親会に参加してきた

プログラムのレベルアップを図っているんだけど、いろいろと考えた結果、「コードレビュー」しか無いと感じた。

しかし、自分の作ったプログラムを観てもらうコードレビューをするためには会社勤めをするなどの「技術レベルが上の人」「見てくれる人」が必要だ。

ネット上で勉強会を探してみても結局のところ「誰か教えて」という人ばかりが集まってしまう。私も長年やっているということもあって「俺が一番詳しいじゃん」ということがままある。

今回の懇親会もそんな感じだった。そもそも「コーダーズハイ」という同じ名前のイベントがあって、そのイベント主催者と勘違いして参加してしまったんだけどね。

私と同じように勘違いで参加してきた人がいて、その人達はかなり詳しい人達だった。いろんな人と話をしたけど、やはり同じレベルぐらいの人達とは盛り上がってくる。

一番いいのは自分が主催者になることなんだろうけど、それは面倒だな―。エッセンシャル中だし。

今回はちょっと狙ったものと違った感じを受けたけど、こういう勉強会や懇親会にはドンドン参加してみようと思った。
体験しないとわからないことがある。数をこなせば、何かが見えてくる…はず!

IBR開発

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP