今日はゲームマーケットに参加してきた。

年2回のイベントだけど、回数を追うごとに巨大化。

国際展示場のどでかいホールを借りて開催された。
いつかは自作ゲームを発表したいと思いつつ…
早2年。早いねー。

今回もいろんな展示を見ながら様々な発見があった。
出展者が増えてくると様々なクオリティが登場する。
面白いものもあれば、ツマラナイものもある。

そのツマラナイものには「説明ベタ」なために
せっかくの魅力が伝わらないということもある。

やはり「伝える力」というのは大切だと、
こういう場所でも考えさせられる。

出展者が増えてきたためにたくさんの時間を必要とする。
ひとつひとつをじっくり見ているとあっという間に
終了時間(午後5時)になってしまう。

そうなるとブースをチェックするのは数秒。いや1秒。
その1秒で足を止めさせなければならないのだ。

だけど、ぱっと見ではどんなゲームなのかわからない。
「お?」というものがどうにも見つからない。

本当にもったいないなーと思う。
ちゃんと工夫をしているところはポップをおいていたり
iPadで動画を流して、どのようなゲーム化を説明している。
タイトルもダジャレだったり。ダジャレタイトルなんて最悪だ。

今回はあまり買わないという気持ちで参加したので
衝動買いは…一つだけ。だった。

それもゲームブック。
読み進めているうちに分岐が出てくる。
「扉を開けるは155、無視するなら589」というふうに
分岐をして番号がふられたページを読むというもの。

むかーしむかし好きだったので、つい。
作者の人は8年間も作り続けているらしい。すげーな。

その後、5時に終わったけど物足りないので、
高円寺の「すごろくや」に突撃して、いいねーを連発。

ファミレスでは一緒に行った人が購入したゲームで遊ぶ。

で、「ゾンビ15’」の話で盛り上がる。
ゾンビに支配された街からの脱出。
15歳の少年少女が15分という時間制限で脱出というもの。
15分管理用に専用CDがついていて、それにはBGMのほか、
ゾンビの叫び声とか入ってテンションがマックスになるのだ。
http://www.nicovideo.jp/watch/1410415145

ほしーーーいということで、みんなで購入資金を出し合おう
ということに。高いんだよね。これ。8000円する。

今度のゲームでは今日のゲームとこれで盛り上がる予定だ。

スゲー楽しい1日であった。
ボードゲーム最高だわ。