jQueryの機能には驚かされるぜ

タグ内の要素にアクセスするときにdata-xxxの内容でヒットするようにしたかった。その場合は$(this).find(“[data-xxx='data1']”)というふうに指定すればOKだ。
しかし、このdata-xxxの内容に複数の内容を組み込もうと思ったらどうすればいいんだろう…と悩んでしまった。
ところが、jQueryはその機能がちゃんと実装されていた。
答えはこうだ。$(this).find(“[data-xxx~='data1']”)
イコールの前にチルダを追加すると「単語単位で一致する」ものにヒットする。なのでdata-xxx=”data1 data2 data3″という指定ができる。
これはclassを指定するときに半角スペース区切りと同じやり方。うまい具合にclassを処理する機能を流用できているという事なのだろう。深いぜjQuery。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP