barでの密談

2016年10月13日

だいぽん氏の新しい商品が着々と出来上がりつつある。
スーパーボリュームでコンテンツてんこ盛り。
本人の過去のコンテンツを全て及び加◯氏のコンテンツ&私のツールとゴリゴリのモリモリになる。
なにしろ「銀河鉄道プロジェクト」だけでも1年かけて配信されたコンテンツだったのだから、想像するだけでも恐ろしい。

現在作成中のランディングページツールもまずはこの商品にバンドルするという流れで販売を開始する。将来的には一般リリースも考えているけど、ここでフィードバックをもらいながらアップデートしていく予定。

で、あまりのコンテンツの多さにどのようにして学んでもらうか?カリキュラムはどうするべきか?という話になった。
モチベーションを保たせるには「課題」を出して、それに対しての「正解(つまり「このように考えるべき)」をプレゼントするのはどうか?
という感じでいくつかの案が出てきた。

上位コース(コンサルなど)はさらにボリューミーだし、直接連絡も取ることができるのである程度放置してもOKだと思うけど、
下位コースの参加者が「上位コースに参加したい!」と思ってもらうためには、スタートダッシュで手間を掛けてあげたが方いいね。という戦略案がでてきた。
仕組みを作ったり、ちょっと大変だし、なんか良いシステムがアればいいんだけどね。まー、フォームに登録したら、数日後に回答メールが届くぐらいでいいのかもしれないけど。