FaceTime、大成功 と 怪しい商品

今日は子供の誕生日をみんなで祝った。
プレゼントを持ち寄り、ワイワイと楽しい時間。

ケーキも三つも集まってお腹いっぱい。

さっそく、新型iPodでテレビ電話を試してみた。

「おぉーー」っと、みんなの歓声が。

たしかにすごい。本当にスゴイ時代になったものだ。
凄くイイ感じなので、実家にも一台プレゼントしようと思う。

これでいつでもテレビ電話でお話が出来るのだ。
やっぱり顔を見ながら話すって違うと思うからね。

さてさて、元嫁のお爺ちゃんもいろいろと買ってきた。

謎のメーカーのデジタルカメラ
謎のメーカーのデジタルビデオカメラ
謎のメーカーのノートパソコン

電気量販店で「安い」から買ってきたと思うんだけど。
どれもこれも中途半端な機能で使いにくい。

この手の商品のメリットは「安い」だけで、他に何もない。

デジカメの操作は最悪。
デジタルビデオカメラの画質は最悪
ノートパソコンはWindoesCE6の「なんちゃってノートパソコン」

みんな子供(お爺ちゃんからすると孫)のために、
自分で使うため、子供が遊びで使うため、なんだけど…。

操作性がほとんど考慮されてない商品なので、
基本的な動作すら、マニュアルが必要で、そのマニュアルでもわからない。
わからないから「詳しい人」ってことで呼ばれて、あれこれと調べないといけない。

本当に止めて欲しいナーと。^^;