ギフト・ショーすごい

ギフトショーの手伝いで参加してきたけど、出店者も参加者も多すぎで大変だった。まず立ちっぱなし。準備の午前9時から午後6時までの8時間、ほとんど立ちっぱなし。もう吐きそうだったよ。^^体調がどんどん悪くなってくるのが判る。

前日の準備で相当体力を失っているところでの立ち作業だから余計ねアンド、プリンターの印刷や印紙を購入するために、東京ビッグサイトの端から端まで3往復もしたので、さらにへばった。体力がないなーーーー。
 
主催者である彼女はというと元気ハツラツで「楽しい」とすごい。参りました。

2日目は予定通りお休み。1日目にみんなでの食事会があったけど体調不良で欠席。自宅に戻ったのが午後9時ぐらいだったけど、お風呂も入らずに速攻で寝た。そして起きたのは翌日の9時だった。12時間も寝ていたということ。

1日目で感じたことは、なかなか商談までは進まない、ということ。話しかけてくるのが倉庫や別展示会の勧誘みたいなものが多かったな。こういう人たち面倒くさい。時間だけ取られる。

一方、「個人的に欲しい!」という人が何人もいた。みんなヨット乗りで、コチラ以上にヨットについて詳しくて、熱い人たちだったフランスから応援きてくれた輸入元の部長が英語で説明してくれて「これは◯◯というチームのヨットの帆から作られているんです」「ええっ!」というビックリ具合。こっちは何のことやら?「すごいんですか?」とか返しをしてしまう始末。「これはすごい!!」と興奮してた。

で、この人は「子供向けファッション」の人なので小売契約はいかなかったんだけど、個人的に購入していった。すげーーー。

これをみて「ヨット乗りに突き刺さる」ということが判った。むしろ、それ以外には「価格が高い」の一言で終わってしまう。狙うターゲットはハッキリしてきたね。今後、面白いことになりそうだ。

今日はのんびりしているけど、最終日の明日は撤収の手伝いで再び訪問予定。早く体調を戻さないと。


PAGE TOP