税金対策が難しい & youtube戦略

A◯Aの販売が好調なおかげで本年度の利益が多くなってきている。
そうなると悩ましいのが税金

税金を払う事自体は「世の中のため」なので別にいいんだけど、困ったなーと思うのは「今期の利益を来期の開発費の回したい」ということなんだよね。

ぶっちゃけ、全利益をぶち込む勢いで開発をするつもり。なので税務署から「ほほー、儲かってますなー。ではゴッソリ頂きますね」と言われても「ちょ、ちょっと待ってよ~」と言いたくなる。消費税も大変だけど。

繰越というのは基本的には出来なくて、投資という形も難しい。開発用費用を先に支払う、という方法もうあるけど、それは相手がOKしないといけない。それに前払いして「こいつ駄目だ」となって縁切りすることなったら厄介なことになる。

税理士さんとあれこれと考えたけど、そんな都合のいい方法は“無い”という結論にいたり、税金はしっかりと支払うことに。来期(4月から)もA◯Aをもっともっと販売して利益を確保できるようにしなければ…。

その流れの一環としてYoutubeで「動画マニュアル」シリーズを作ろうかと思っている。以前からやってみたいと思っていたことだけど、dropboxやevernote,paypalなどの「ネットビジネス」では欠かせないサービスの紹介と使い方をレクチャーするという動画。あちこちに情報は転がっているけど体系的なものは少ない。特に動画は少ない。あってもわかりづらい。

これでアフィリエイターに限らず、一般の人も呼びこむことができれば、さらっとA◯Aの入り口「電子書籍」を紹介することで結果売上が伸びるのでは?爆発的な増加は望めないけど、放置してても人が増えるというタイプになるだろうと予測をしている。

紹介とレクチャーとなると、しっかりと段取りを決めてから説明しなければならないから、準備に時間が掛かる。そこがやっかいかない。わっきーのように「取り敢えず撮る」でもいいのかもしれないけど。

できれば、レクチャー部分をすっ飛ばしても「面白い」ものにしたい気もしている。つまり笑えるもの。youtubeで人気動画の共通点は「笑えるもの」で、人気配信者も「本題の前に小ネタを入れる」のが王道になっている。いわゆる「つかみ」の部分。この目的は「視聴時間の延ばすこと」

レターで言えばNotReadの部分をクリアするためにある。
奥が深いな~と思いつつ。
動画作りは好きなので、きちんと作りたいという思いもあって。
あー、早くやってみたい。

けど、まだ順番的には後だ。
マニュアルを作らないといけないし、
アップデートしないといけないし、
4月からの開発の準備をしないといかないし…。
まだまだ先が長いな−。


PAGE TOP