務めていた会社がワースト1だった

サラリーマン最後に努めていた会社が「日本ハウズイング」という分譲マンションの管理物件だった。
この間、同期の人とランチしてて「あの頃大変だったねー」なんてことを話していたんだが、そんな折にこんな記事を見つける。

http://toyokeizai.net/articles/-/126471

社員数20人以上の会社で40代収入ランキング。
見事に「ワースト1」になっていた。
40代で平均年収250万円というのは笑うに笑えない。

まー、私との時は2倍以上はもらっていたけど。
おそらくは残業代とかが計算に入っていないんじゃないかなー。
この会社、依然ある支店で労働監査が入ってエライ怒られたらしい。
以後、残業代は100%出るというサービス残業ゼロ会社に。
(サービス残業自体ダメなんだけど)

残業代しっかり出す分、基本給は安いという。でも基本給が安いということはボーナスも安く、退職金も安いということだ。目の前のお金が多くても長く見ると損する。

なんだかんだと一番長く10年ぐらい在籍していた会社だったからなー。みんなどうしているんだろう。

こんな低い年収で頑張って、出世に勤しんでもたかが知れている。だったら、まじで脱サラしたほうがいいじゃん。である。

あ、なんとなく、あの頃のことを思い出すよ。「脱サラするぞ」と日々沸々と静かに燃えていた頃を…。


PAGE TOP