歯医者の恐怖との戦い方

数日前に左下の奥歯が痛むようになってきたので歯医者に行った。
水を飲むとキーンと痛む感じがする。

「これはヤバい」という直感がしたので速攻予約。

「あー、虫歯ですねー」ということで治療することになった。
見た目は全然問題ないけど昔々の詰め物の隠れた部分らしい。

ってことで20年以上がんばってくれてた詰め物をバキンと取り外し。
その後、ウィーーーン、ゴリゴリゴリ、ギューギュー、ウィーン。

という感じでなにやら治療。
見えないので何やってるか全然わからん。

さて、歯医者というのは昔から「怖い」というイメージが付きまとう。

何をしているのか見えない。
耳のそばだから音がすごい。
動けない。動いちゃいけない。

そういう積み重ねが恐怖を加速するのだと思う。

僕も昔は歯医者は怖かった。
でも今ではそんなでもない。

その理由は「治療器具がどんなのか知った」ということ。
子供の頃、歯を削るとなると電動ドリルのような先っぽをイメージをしていた。ドリルの歯がグルグル周り、それで歯を削ると…。
もし歯医者さんがミスったら、超痛いに間違いない。

だけど…実際の治療器具は「電動消しゴム」のような形なのだ。
シャーペンの後ろについてる消しゴムのようなやつ。
あれがグルグル回って治療をしているのだ。

ある時それを知ってから気にならなくなった。

今回の治療でもまるで眠ったように(寝てはないけど)、
じっとただ治療を待ってた。
ちょいと麻酔が弱くて痛いところがあったけど基本へっちゃら。

それともうひとつの「恐怖と戦う」には、
歯医者さんを全面的に信頼するということが必要。

「失敗するかも…」なんて考えていたらめっちゃ怖い。
でも治療中はお任せするしかない。何も出来ない。
唯一できるのは、
治療しやすいように大きな口を開けてじっとしているだけ。
もう任せるしかないのだ。

なので「この先生を俺は信頼する」と自分に言い聞かせて任せる。
すると気持ちがだいぶ楽になるよ。

体の緊張もほぐれるから、治療後にぐったり…なんてこともない。

試してみてね。

あと数回行けば治療は終わる予定。
虫歯の治療はお早めに。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP