「無料でしてやってもいいけど」って何さ

昨夜の深夜2時。
ビジネスパートナーのだいぽんさんとチャットで打ち合わせ。
通信講座の会員向けに会場に来てもらってQAオンライン放送をすることが決定した。
すぐにいつも使っている会議室の予約をとって確保OK。
13:00〜17:00までの4時間

と、今日になって会議室の会社から電話があった。

「前のお客様が延長予約をされているため、14:00からの利用になります」

オンライン放送は15:00〜16:30の予定だったので、いいや。
と思いながら「いいですよー」と返事をした。

だが、その後との相手の”言い方”にちょっとイラッとする。

「時間は短くなりますが、料金はそのままです」

むむ。たぶん延長しているお客には超過料金とっているのに?
それもまぁいいや。と思う。

「今回特別に終了時間を1時間延長して18:00に致します」

ほー。それはまっとうな対応だね。利用時間は同じとなる。

「今回特別に対応しますので、お間違い無く」

おい、オメーの都合で時間調整するんだろうが。
それをまるで「ありがたく思え」的な言い方って、
ちょっと違うんじゃないのー。

と、ちょっとだけイラッとしたのでした。

でも結果的に14:00〜18:00という、こちらとしては
とっても使いやすい時間になったのでラッキー。

IBR

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP