起業家になるなら“哲学者”たれ

「哲学」っていうと堅い感じがするよね。
プラトンやらソクラテスやら、やたら難しことを言う。

「我思う故に我有り(デカルト)」とか

意味わかんねーっと思うのだが、それでいい。

僕がここで訴えたいのは、自分なりの哲学を持てってこと。
哲学を僕なりに表現すると、それは「定義すること」だ。

「●●は、●●である」

これが言えたら、あなたはもうりっぱな哲学者だ。
簡単だよね。定義するだけなんだから。

簡単だけど…だれもやらない。

定義するというのは意識的に思わないと実はできない。

「人生とは」「教育とは」

そんな難しいことの定義は時間をかけてやればいい。

「パソコンとは」「赤信号とは」

そんな日常的なことも意識的に考えないとできない。
定義するためには「意識する」ことが最初の一歩となる。

意識して、思考して、定義する。

「赤信号…当たり前のように町中にあるけど、これって…」

と意識するといろんなことが頭を駆け巡る。

「赤って危険を表すよな。でも、無視する人もいるしな」

と思考を巡らすことで具体的になっていく

「赤信号で止まるという共通認識により第3者間であっても安全性が高まる」

なんて感じの定義が生まれる。
定義は人それぞれだから違ってて構わない。

こう定義ができると「赤信号みんなで渡れば怖くない」という
意見が出ても、「あーそういう意見もあるな」と思えるわけ。
たいていは「非常識だ」とか「そんなこと言うべきじゃない」とか言う。

ほとんどの人は「赤信号は止まれ」程度の定義しかない。
それ以外は曖昧でモヤモヤしているから例外に弱い。

あなたが”起業家”を目指すのならば「定義すること」を習慣化する必要がある。
「●●は●●だ」を意識し続け、考え続け、定義し続けなければならない。

ビジネスは決断の連続なのだ。
決断するためには指針が必要となる。
指針となり得るもの、それが自分自身の哲学。自分なりの定義だ。

自分の哲学がないから、メルマガなどで「これからこれが流行る!」と
言われて飛びついてしまう。

「うーん、私の考えと違うな」と思えば手を付けない。
「なるほど、いい考えだ」と思えば参入してみる。

「簡単に儲かるか」云々ではなく「自分の哲学にマッチするか」に
フォーカスして決断すると、早く、そして正確に決断できる。

最初に書いたように普段から「定義すること」を意識する必要がある。
これは一種の癖のようなもので、最初は意識しながら行おう。

目の前にあるもの、今体験したこと。
それをちょっとだけ意識して、考えて、定義してみる。

その繰り返しで日常的にもできるようになってくる。
「定義がたくさんあるほど、揺るぎない意志を持った人物になれる」

だが、一度定義したものも変化するときもある。
時代の流れや新しい思考などにより進化するからだ。
それも怠ってはいけない。

ってことで、哲学者になってみよう。

IBR脱サラ&起業

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP