どこの業界でも自由への道がある

今日は美容室経営セミナーに参加してきました。
参加したと言っても実は開催側のスタッフとしてです。

猪熊式美容室経営改善セミナー様子

ある時に超効率的なセミナー経営を実践している若手の経営者と出会いました。
「その経営システムを伝えたほうがいいんじゃないか?」ということになって、今回のセミナーという流れになったわけです。

今日のセミナーの聞いて感じたのは「ネットビジネスの基本と同じだ」ということです。

・ターゲットを明確にする
・ターゲットが得られるゴールを明確にする
・高単価の商品を準備する
・売り込まず提案する

などなど、これはほんの一部だけど、集客からクロージングまで同じようなものです。

さて、美容院業界というのは大変ハードな世界です。
なんとなく「大変そうだな〜」という感じはあるかもしれません。

街角でチラシを配って集客をした様子はみたことあるでしょう。
恐らく配っている人は「チラシを配るために美容師になったわけじゃないのに」と思っているのでは。

お客として美容室にいくとなんとなく上下関係みたいなものが見えてきて、
学生時代の部活のような厳しい先輩後輩の世界を感じさせます。

深夜近くに美容院の前を通ると閉店した店内でカットの練習をしている様子を目撃します。
一体いつ休んでいるのだろうと思ったりします。

傍から見ているだけでも「これは大変だな」という世界なんです。
大変な世界だけど、たくさんの新人たちがやってきます。

それは「好きだから」です。

チラシ配り、先輩後輩、深夜の練習、これら全部「業界の常識」として受け入れて、
毎日踏ん張って頑張るわけです。
「いつか良くなる」と信じて…ならないんですけどね。
でも残念ながら、ずっとこのままなんです。

ではどうするか?
ということが今回のセミナーのテーマです。

ちゃんと集客をして、客単価を上げて、リピート率を上げて、
本当に必要なことだけスタッフに伝える。

こういうシンプルなことをするだけで、
これまでの美容室業界の常識をぶち壊すことができます。

激務の世界から、ゆとりのある世界に変わるんです。
スタッフが気持よく働くことができることによって、
お客さんにそれが伝わります。

不自然な営業笑顔ではなくて、心からでる笑顔が作れるんです。

今回は第1回という位置づけでしたが、これからもどんどん開催される予定です。
もっともっと素晴らしいことは伝わってほしいと願っています。


PAGE TOP